高校生の感想
※学校から送られた生徒の感想を掲載しています。

1 2 3 4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17 18 19 20

1 N S(男子)
    フィルドワークの日程の中で、一番印象的だったことは、嘉手納基地が一望できる安保の丘にいったことです。今まであんまり基地を身近に感じず、意識もしなかったけれど、初めて近くで嘉手納基地から戦闘機が飛び立つのを見て、自分のすぐ近くに簡単に人を殺せるものがある、と気づかされました。

    今まで、反戦運動とかあまり興味がなかったけど、南部戦跡を訪ねて、二度とこのようなことが起こってほしくないと思いました。太平洋戦争で一番被害があった沖縄だからこそ反戦を訴えていくべきだと思いました。今まで戦争を賛成とも反対とも思わない中途半端な気持ちだったけど、これからはどんな戦争にも反対し、平和を訴えていこうと思いました。

2 T M(女子)
    私はしおりで「糸数壕」について調べました。糸数壕は壕の中でも大きな壕だということがわかりました。実際に壕の中に入って行くと肌寒く感じました。壕の中はとても広く、そして光りをいっさい受け入れていませんでした。三分の二ぐらい進んだ時には、もう気分が悪くなっていました。立ちくらみや吐き気がして最悪でした。でも、何か大きな悲しみがどこからか伝わってくるような感じがしました。

    壕だけでなく、“安保の丘”や“韓国人慰霊塔”など、いろんな場所に行きましたが、そこには時間がどれだけ経っても、変わらない大きな戦争の爪痕が残っていました。

    この授業を通して分かったことがいっぱいあります。そのたくさんのことをしっかり心のどこかに残していきたいと思いました。あと、津多さん暑い中、一日中どうもありがとうございました。でもちょっと説明が長いところとかが多々あったんで、遊んでしまった時もありましたが、これからもがんばってガイドしてください。

3 A K(男子)
    戦争を知っている人、体験した人はもう老いて、僕たちにその生々しさを本当に知っている人はほとんどいない。だから、今日本は戦争に対する意識が低いと思う。

    沖縄の僕たちでさえ、戦争を過去の出来事として見ている人が多い。だからもしかしたら、未来に、近い未来にまたあの恐ろしい戦争が起こるかもしれない。その時に、どうそれを阻止するかを学び、戦争の恐ろしさをどう伝えるかを考えるために、フィールドワークに行ったと思う。

    一番印象に残ったことはアブチラガマだった。電気を消せばあんなに暗く、ひんやりして歩くのも少し戸惑うあの中に、いっぱいの人がいたなんて……。(58年前ここにこんな風に人が死んでいたのかな?)とか考えながら歩いた。

    「戦争は嫌だ」、「どんな風に?」その理由をちゃんと述べて、次の世代に伝えていけばもう戦争は起こらないと思う。その途中に僕たちがそれをちゃんと伝えなければ未来は変わってしまう。だから、ちゃんと平和について考えることが僕たちの義務であって、それを伝えるのは当たり前のことになる。

    それを理解するために津多さんのガイドはとても良かったと思いました。少し怒られたけど、それは平和に対する僕たちの態度が悪かったので仕方ありません。いいガイドをありがとうございました。こんな核や兵器がある僕たちの時代だからこそ、僕たちが平和を守っていきたいです。

4 N M(女子)
    最初は楽しみにしていたけど、アブチラガマとか平和祈念公園の中を見学して、楽しさは消え、戦争への怒り、戦争の被害者の悲惨さを感じました。今は本当に平和でいいことだと思います。

    このフィールドワークに行ってとっても勉強になりました。だから、私たちが、あの恐ろしい戦争を二度と起こさせないようにしないといけないと思いました。

    アブチラガマは、本当に暗くて、足場も悪くて、上から水もいっぱい垂れてきて、そんなところに戦争中いたなんて絶対考えきれませんでした。戦争って本当に恐ろしいものだと思うので、今の私たちが一人一人「絶対戦争を起こさない」という気持ちを持つ事が大切だと思います。

5 I S(男子)
    僕はフィールドワークを体験して、改めて戦争についてのことを知ることができたし、平和の大切さなどをとても感じました。ガイドも僕たちがうるさかったのに一生懸命にいろいろと教えてくれてとても勉強になりました。ありがとうございました。それとすいませんでした。次は僕たちが一生懸命戦争が起こらないように頑張って伝えて行こうと思います。

    アブチラガマに入ったとき、戦争中の時の風景が頭の中に浮かんできました。ちょっと気持ち悪くなったけど、その時の辛さが少しわかったような気がしました。

    韓国人慰霊塔では、日本人が朝鮮の人たちにしたことを初めて知ることができました。また、平和祈念資料館では、生存者の証言なども読んで、その時の辛い思いを知り、とても悲しくなりました。とてもきつい写真もあったけど、それが戦争の現状だと思いながら見てきました。

    僕はこの体験学習を通して 、戦争がない社会にしていけたらいいなあと思いました。ありがとうございました。


戻るトップへ