講義感想   (03年前期)

1 2 3 4 5 6 7 8 9

1 GSさん

教職総合演習の講義を通して、なぜ今小中高で総合的学習の時間が必要かということを知ることができたと同時に、総合的学習の時間を通して平和学習することの意義を理解することができました。

総合的学習の指導案の作り方をはじめ、授業方法や平和学習の指導方法も、この講義を通して学び習得することができました。

毎回行われた講義の内容は、先生の経験を基に総合的学習や沖縄戦についての説明がされていたので、たいへん分かりやすかったです。特に、調査実習を通して、先生と一緒に沖縄戦に関係する壕を見学したとき、先生が一つ一つ壕の説明をしてくれたおかげで、今まで知らなかった沖縄戦の真実、状況を身をもって実感することができました。

本や資料集などからは得られない沖縄戦の本当の姿、悲惨さを自分の五感を通して感じることができ、沖縄戦がどんなに悲惨だったのか実感することができました。また、戦争とはどういものなのか、平和とは何なのかということを考えさせられたと同時に、人の命の尊さ、平和のありがたさをこの講義を通して実感しました。

気がついた点、印象
この講義を初めて受講した時、私はこの講義は沖縄戦の証言をもとに、沖縄戦の真実を検証し、その過程から平和の大切さを学んでいくことを中心に学んでいく講義だという印象を受けました。毎回、先生が沖縄戦をはじめ、総合的な時間について説明してくれたので、とてもわかりやすく楽しかったですが、前期が終りに近づいていくうちに、先生を含めて各グループのメンバーと「沖縄戦」について「平和学習」についてもっと討論したいと思うようになりました。

前期の講義は全体的に充実していて、楽しい講義でしたが、もっとグループ討論する機会があったら、より一層内容の濃い講義になっていただろうと私は思いました。しかし、十名という少数クラスで学習することができたので、他の講義よりも先生も含めてクラスのみんなと楽しく学ぶことができたのでとてもよかったです。

注文など
講義の日程調整で難しいとは思いますが、先生とクラス全員が討論する時間を前期よりも増やしてほしいです。また、グループワークももっと増やして、先生と意見交換する時間を今よりも増やしてほしいです。

2 NAさん

発表に至るまでの経過について
私は沖縄戦について、自分で課題を設定して証言をもとにして結論を出すというのは初めてのことだったので、ギリギリまでどうしたらいいのか分からず、とりかかるのが遅れてしまいました。

自分で設定した課題だけでなく、新たに見えてきた課題についてももっと調べて考えていきたいな、と思いましたがそこまでするには時間的に無理がありました。できる範囲でやったつもりですが、これで終わらせてしまうにはあまりにも不十分だ、という気がしています。授業の中での平和学習なのでしかたのないことかもしれませんが、せめてもっと
早く取り組んでいたらな、と思っています。

できたら、授業の最初の方から発表の仕方とか、調べ方とかをもっと詳しく説明して、早めにとりかかれるようにもっていったら助かると思いました。

証言から沖縄戦を見ることについて
私はこの授業で証言の大切さを知りました。誰かが書いた本とか言ったこととかで判断するのは危険なことだと思いました。なぜなら、その人の考えがさも自分の考えであるかように錯覚してしまうからです。

証言を中心に沖縄戦を見ていったことで、本当の沖縄戦の姿をおぼろげながらでもつかむことができたと思います。それを通して自分なりの沖縄戦についての考えを持つようになりました。だから、証言の大切さを教えてもらい、本当に良かったと思っています。

3 IMさん

この先生の教職総合演習は、質問や発言のしやすい雰囲気があって良かったと思います。私自身はあまり、発言しなかったんですが……。そして、先生のこの講義を選んで良かったと今思います。

 他のゼミの話などは聞いたことはないのですが、沖縄戦を学ぶ上で一番大切な壕めぐりをすることができ、実際、戦争時のような体験をさせてもらって、さらに沖縄戦での避難生活の辛さ、恐怖などを少しのことですが、とても実感させられたものです。そして、この壕巡りをすることで、沖縄戦を実感すると同時に、このクラスの仲間とも仲良くなれたと思います。

 ありきたりの感想になってしまいましたが、本当にそう思います。そして、先生のアットホームな雰囲気があったから楽しく授業を過ごせることができたし、先生が真剣になった時は、私たちも真剣に話を聞くことができました。

 そして、自ら総合学習を通して実行調査する力の乏しさを痛感させられました。この講義を通してこのような力不足を実感させられたことによって、今後の取り組み方には成長が見られるよう努力したいと強く感じ、決意しました。先生のような研究心をいつまでも絶やさないようにしたいと思います。

4 SAさん

教職総合演習を終えて
すべての講義を終えた今、感想を短く述べるとすると「こんなにも沖縄戦を学んだのは初めてだ」という感じです。もちろん、それは楽しくなかった、つらかったなどの気持ちではありません。充実し、満足した気持ちです。

講義を受けている初めのころは、本当に戦争については無知の状態でした。そんな中、行ったガマ巡り、完全防備をし真っ暗闇のあのガマの中を一歩一歩進むほどに増す恐怖と、「ここに人が隠れていたんだ」と心が痛くなったことを、これからもずっと忘れないでしょう。

戦争は現実に起こった事だとわかっていたつもりだったのですが、どこか頭の隅には空想のように捉えているようなところもありました。戦争を知らない世代にはそう感じてしまうのは仕方ないのかもしれません。しかし、そうやって戦争を風化させてしまったり、過ぎ去った出来事というふうに捉えてはいけないことを、ガマに入りあの雰囲気の中、当時の人々の気持ちに近づくことで分かったような気がします。

そして、自ら設定した課題に向かっていくつもの証言を読んだり、仲間と意見を出し合いながら学び、発表したりと充実した時間を送ることができました。

調べれば調べるほどに、沖縄戦は奥が深く何度も理解に苦しむところもありました。今思えばそれで良かったんだなと思います。なぜなら、それは沖縄戦の奥の深さを表しているのと同じことだと思うからです。

知れば知るほど疑問が出てくるし、悲しみや怒りは増す一方でした。これからも沖縄に住む者として犠牲になった人々の血を受け継ぐ者として、真実を追求し続け、二度と戦争を起してはいけないんだと、強く言えるような人間になれるように頑張っていきたいと思います。

 この講義を受講して本当に良かったです。先生の熱心なご指導が本当に嬉しかったです。ありがとうございました。そして、最後に、この講義で出会った他学科の仲間との絆が生まれたことも何より嬉しかったです。熱く意見を出し合って語り、みんなで一緒に考えることができ、本当に仲良くなれたことが良かったです。こんな同じ夢を持ち、同じ問題を一緒に考える仲間ができて、本当に幸せだなあと思いました。

 講義は終りましたが、まだ課題解決の一歩を踏み出した段階です。これからもこの講義で学んだことをもとに頑張っていきたいです。

5 KAさん

受講する前と受講後
まず一番最初に言えることは、この講義を受けて良かったということです。沖縄に21年間も住んでいながら沖縄で起こった事実について深く考えることはなかったですし、知っていることはあってもその内容は浅いもので、ほとんど無知といっていいほどでした。

講義は毎回興味をもって聞けました。沖縄戦があったということを遠い過去のこととして捉えていたのですが、興味をもって聞けました。そしてもっと知りたいという気持ちが自分の中で高まっていったことから、やはり、沖縄の人として沖縄戦があったということをきちんと知っておかなければならないと思えてきて、ただ過去に起こった悲惨な出来事としてだけではないけないと思えました。

講義の中では初めて知ったこともあり、驚くことばかりや怒りとかムゴイという気持ちが出てきて、自ら考えたりして心に残るような講義を受けることができたと思っています 状況は違うが実際にガマを体験できたことも良かったと思います。今までに味わったことのないあの暗闇からは二度と戦争は起してはいけないという気持ちを起こさせて、その深さを理解するための一つになりました。受講前と受講後では知識も違うし沖縄戦に対する思い入れも違うし、意識が変わりました。真の平和教育(学習)ができました。

6 ORさん

教職総合演習を受けて
この講義では、本当に様々なことを知ることができました。その集大成としての発表など自分で資料を読んだりして追求しとても勉強になりました。しかし、テストと重なったりして不十分なところが多かったと思いますが……。

先生の講義の進め方は非常に良かったと思います。本当に私は沖縄戦について無知でありました。というよりも、沖縄県民でありながら、どこかで過去のこと、人ごとと思っていた部分があったのだと思います。そしてほとんど興味がありませんでした。しかし、「沖縄戦の概要」などを読んだりして徐々に沖縄戦の奥深さ、疑問が生まれ次第に興味が湧いてくるようになりました。そして、ガマ巡りのような貴重な体験もでき、この場所であんな悲惨なことが起こったんだ、暗い、恐い、耐えられない、あり得ないくらいの恐怖を想像することができました。

沖縄戦の体験者が少なくなっている中で、今、ここで私が学習したこの沖縄戦をどんどん受け継いで、人々に知らせていかなければ、と本当に感じました。
私の世代でも、前の私のように沖縄戦について、何も分からなければ興味もないとといった人がすでに多いと思います。そうするとこれからどんどんどんどんエスカレートし、最後には沖縄戦を全く知らないということが当たり前な子どもたちが出でくるということは避けられないのでは……。 

このようなことが起こらないよう、私たち若い世代から沖縄戦、平和へのメッセージを発信していくことが何より大事だと感じました。

7 OSさん

T先生について
私は、この教職総合演習を軽く考えていました。しかし、様々な講義を受けている現在、これほどまでに大きな比重を占めることになるとは思いませんでした。この講義の中でテーマとなった沖縄戦の事実を、明確にしかも分かりやすく伝えてくださったT先生の言葉の数々が印象に残っています。

先生の言葉は、沖縄戦のことだけでなく、人間の心理などもうまく表現していたり、私たちの勉強に対する姿勢を決して否定することなく、むしろ、生徒一人一人を尊重しているのだなあと感じ取ることができました。

学習することで深い知識を得られるし、その学習の成果を評価する場、とても広い心で学習の一歩一歩を見てくれる目。T先生の講義は、心がほんわかする時間でした。90分間、先生の話を聞いていても苦にならないのですが、教職総合演習なのでそういう訳にもいかないです。先生の人柄の良さを自分に取り込むことはできないかもしれませんが、計画性のある講義の進め方や先のことまで見通した豊富な知識量はぜひ自分もそうなれるように頑張ろうと思えます。

先生はこれから先も、先生として総合演習を担当して欲しいと願っています。この講義のお蔭で政治に参加する意欲が湧いたし、「戦争は何もかも破壊する」ことを事実として受け入れることができました。多くの人がT先生の言葉から学び、それを引き継ぐことができたらいいなあと勝手に考えてしまっています。とにかく、お礼が言いたいです。先生の知識をわけてもらったことに感謝です。ありがとうございました。

8 MSさん

巡検について
実際にガマ等を見てまわると、その後の個人発表に大きく影響してきました。ガマを見て、体験するのは初めてだったので、その後の証言を読んでて少しずつ実感することが出来ました。

その後の証言を深く読めるためにも、みんなが早く打ち解けるためにもガマ見学は早めた方がいいと思いました。

聞き取り調査について
ガマ見学も終わった後でもあり、先生の質問方法の書かれたレジュメもあり、自分達だけでやるよりは、大分スムースにいったと思います。自分が思っていたほど、上手く質問することは出来なかったのですが、良かったと思います。今回は10人でいっきに聞き取り調査にいきましたが、それはそれで心強く楽しいのですが、ちゃんと役について調査するなら、5人ぐらいが良いのかなと思いました。

中間報告(発表)について
ただ最後に個人発表があるのではなく、グループ発表→個人中間発表になることで、最終的なレポート作成がとてもやりやすかったです。途中でみんなや先生の意見を聞くことで考える幅も広がりました。この発表の仕方はとても良かったです。

最後に
半期の間でしたが、本当にありがとうございました。先生のおかげで様々な沖縄戦にふれることができ、いろいろ考えることもできました。全く関心のなかった政治にもある程度の興味をもつようになりました。この講義がとれて本当に良かったです。

9 KYさん

○ガマ巡りを早めにというのはどうでしょうか。
先生の講義は初めて受けたので、最初はその緊張とまだ馴染めのないメンバーと講義の内容の深さに厳しさを感じていました。しかし、巡検を終えてみると、雰囲気ががらっと変わったと思います。私の出来はいま一つでしたが、みんな仲が深まり、どんな課題もみんなで乗り越えていこうという態勢ができたように思えます。

「これからは、ちょっと知識も深まり、楽しくなりそうだな」というところまできて終わってしまったという感じがしたので、ガマ巡りを早くするとか、何か他の巡検でもいれるとかすると、早めに仲良くなって、意見を言い合えるようになるのではないかと思います。

次は私の反省になりますが、ガマ巡りの前に飲み会でもして仲を深めておけば良かったなと思いました。今度計画しているセミナーハウスもとても楽しみにしています。これからみんなで話し合って日程等を決めていきます。ほんとうにすごく楽しみです。個人的には北部の碑巡りとか巡検もしたいなと思っているのですが、話し合ってみます。

○発表の中間報告を増やすというのはどうでしょうか。
これまた私の反省につながるのですが、ぎりぎりまで動かないというか、まとめない悪い癖が出てしまって、しっかりした発表ができなかったのをすごく後悔しています。それで、といいますか、班の発表がある二週間前くらいに、先生が中間報告しようとおっしゃって、何をどれくらい調べているといった内容を一人ずつ話したことが一回だけあって、あれが毎週続いたら結構いい発表ができるのではないかと思います。一言だけでも、進行状況を話すだけで、大分よくなるのではないでしょうか。ラスト5分程度でチャチャという感じでもいいと思います。

○感想
私はこのような講義を初めて受けました。これまでは「こうすればいいんだよ」といった理論ばかりの勉強でした。しかし、先生は、それを説明するのに、実際ご自身でそれをやってみせてくれるので、すごく理解しやすいです。実際に行動力で示す教師、私もそれができるように努力します。ご指導くださりありがとうございます。そして、これからもよろしくお願いいたします。


戻るトップへ