見出しボタン 沖縄戦体験の証言    更新2002年4月
  項目別検索はこちら  
     
証言にみる沖縄戦の特徴                   

 沖縄戦の証言は、生き残った人たちを含め、多くの人たちの努力によって戦争の記録として数多く綴られてきました。現在もなお続いています。これら一つ一つの証言は戦争の記憶として、次世代へ伝えられていきます。また、一人一人が違う体験をしたといわれる沖縄戦の証言は、戦争の実相を明らかにする有力な証拠ともなります。
    当ホームページでは、住民の体験を多様にとりあげていくために、年齢、職業、階層、時期、地域等を配慮して掲載しています。
    随時通し番号で証言を更新していきます。文中色の付いた文字をクリックするとその位置地図に進みます。
   なお、今回の更新で、項目による検索で目当ての証言に辿ることができるようになりました。どうぞご利用ください。

         表                         題           表                         題
   1 ガス弾で両親を失う    2  「こんな戦争ないほうがいい
   3  私の戦争体験記」   4 ベニヤ板を担いで
5 戦禍を逃れて」   6 砲弾の中に避難
 7 壕から壕へ   8  手術場勤務とローソク踊
  9 アブチラガマから伊原まで   10 無題」
11 農兵隊での山暮らし 12 「防衛団長として
13 志堅原基地よりアブチラガマへ」 14 青酸カリを混ぜたミルク」
15 戦争と人の心 16 親友を亡くした憎い戦争
17 陣地構築作業の日々」 18 17歳の現地徴集兵
19 ひとりだけ生き残った」 20 美しき天然
21 字書記の沖縄戦体験」 22 壕を追われて
23 子連れで戦禍をさまよう」 24 野国川付近での体験」
25 ターバルガマから捕虜」 26 キセルを銃と間違え射殺」
27 子どもは始末せよと脅されて 28 戦前戦後の古知屋」
29 日本軍は守ってくれなかった 30 少年の見た沖縄戦」
31 渡名喜島の戦争体験 32 小学生の体験
33 ヒ素の入った井戸水」 34 自決を思いとどまって
35 久米島に生きて」 36 戦時下に製糖作業
37 渡嘉敷村長の証言 38 南部を転々と
39 移動命令を拒否して 40 喜名東の壕で

トップへ